京都市下京区、丹波口のあさみ歯科クリニック|京都リサーチパーク周辺での歯科治療は当院へ

京都市下京区、丹波口のあさみ歯科クリニック|京都リサーチパーク周辺での歯科治療は当院へ

診療時間
午前9:00〜12:30 9:00

12:00
午後14:30~19:00 13:30

16:30

〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134 京都リサーチパーク1号館 地下1階 電話番号:075-321-6258

※祝祭日のある週は木曜日診療あり

※最終受付は診療時間30分前まで

口腔外科

口腔外科
お口の中だけでなく、あごや顔に生じる病気を治療
口腔外科とはあまり聞きなれない診療科と思います。口腔外科はお口の中だけでなく、あごや顔に生じる病気を治療予防するところです。また、高血圧症、糖尿病などのために、また、妊娠中など一般的な歯科治療も難しい場合も担当することが多く、総合病院や医学部付属病院では歯科口腔外科という診療科が一般的です。
あさみ歯科クリニックでは基本的に腫瘍、のう胞、あごの骨折、外科矯正手術のように入院手術が必要なもの以外を担当します。入院治療が必要な場合や特殊な治療が必要な場合は、すみやかに連携先の病院にご紹介いたします。ご心配のことがあればご相談ください。

口腔外科の主な診療内容

口の中のできもの(良性腫瘍、がん)
口の中のできもの(良性腫瘍、がん)

良性腫瘍やがんは歯ぐき、舌、頬の粘膜、あごの骨の中にもできることがあります。小さいうちに発見されるとよいのですが、痛くないまま大きくなるため気づいたときにはかなりの大きさになっていることが多い傾向にあります。歯周病に似た状態で歯が動いている、口内炎がなかなか治らないなどで受診した時に発見されることも少なくありません。あさみ歯科クリニックの定期健診では、歯だけでなくお口の中全体を検診しています。


骨の中の膿ふくろ(膿瘍、のう胞)

歯の根の先に膿の袋ができていることがよくあります。これは歯根のう胞といいます。あごの骨の中で徐々に、何年もかけて大きくなることがあります。歯の根の治療で治ることもありますが、手術で取り除かなくてはならないこともあります。これも痛みのないまま進行することが多く、痛み出したときにはかなり大きくなっていることもあります。たまに顔が大きく腫れてしまうこともあります。お口全体のレントゲンを撮影するとわかることが多いです。あさみ歯科クリニックの定期健診ではレントゲンを撮影した際に必ず確認しています。


親知らずや難しい歯の抜歯(埋伏歯)
親知らずや難しい歯の抜歯(埋伏歯)

親知らずの抜歯は歯の治療の中でかなり大変な治療です。特に下の親知らずの抜歯は術後長期間痛みが続くことも少なくありません。しかし下記などの理由から、抜歯したほうがよい場合が多いです。あさみ歯科クリニックでは抜歯が必要である理由、抜歯後起こりうる症状とその対応について説明を行ってから抜歯を行っています。


あごの骨折

交通事故や顔を殴られたり、子供では滑り台や机から落ちて顔を打つことであごの骨が折れることもあります。ひどい場合は口を開けたり閉じたり出来なかったり、噛み合わせが変わってしまうこともあります。この場合はすみやかに連携先の病院にご紹介いたします。歯の周りの骨折などはあさみ歯科クリニックで対応可能なこともありますのでご相談ください。


あごの痛み(顎関節症など)
あごの痛み(顎関節症など)

あごの痛みもさまざまなことが原因で起こりますが一番多いのは顎関節症です。日本人の1/2は顎関節症といわれています。特徴はあごを動かすときに痛む、もしくは痛みが強くなるというのが一般的です。その他、口の開け閉めをすると音が鳴ることもあります。あさみ歯科クリニックでは顎関節症の症状に応じて治療法を選択し治療を行っています。